@Osaka Endosky Journal

焼いて粉にして屁で飛ばせ

すずが産まれて

産休に入り4ヶ月、すずが産まれて3ヶ月が過ぎました。

この3ヶ月はホント心身共に「疲れた!」のひと言。
もちろんすずが無事産まれてきて病気もせずここまで元気に
育っていることはほんまに!幸せなことで嬉しいことだけど、
思っていた以上のお兄ちゃんとなった岳の反乱と、
長引く腰痛に正直「疲れました~」ですね。

岳は保育園の転園という試練もあり、仕方がないという事もあるけど
なぜ、ここまで?というぐらいのワガママぶりです。
常に私がそばにいて相手して欲しいと。すずちゃんを抱っこしたら
アカン!と。ママ!ママ!ママ!と寝言でも言います。
ストーカー状態です、まったく。

でも怒っても無視しても言い聞かせても「抱っこして!」
と食らいついてくる姿は子供はやっぱり母親を求めるんやなと
しみじみ思う今日この頃。
つくしんぼ保育園の園長先生が、
「そうやって感情を外に出す子の方が安心やで、それでいいねん!」
と言っていました。岳はわかっていて言ってるのよと。
そうや、そうや、冷静に受けとめたらなぁと思いながら、
今日もまた岳とのバトルがあることでしょう。。。

私自身もずっと家に居てるという状況がストレスになってるんだと思う。
今まで仕事をしながらの育児・家事はしんどいけど、通勤時間や
昼休みなど「一人の時間」というものがあったから精神的に息抜き
出来て、家に帰ったら『さあ、頑張ろう!』と思ったもの。
子供と一日中家の中というのはホンマきつい時がある。
パパが帰ってきたらホッとするもんなぁ。
世の中の専業主婦の人はホンマ偉いよなぁと思います。

話しは変わるけど「少子化が問題」とか言うけど、
好転する材料なんてひとつもないんじゃないかと思う。
児童手当の5000円が10000円にアップしたからと言って、
じゃあもう一人産もか!と思うわけがない。
保育園に2人いかせたら6~7万円かかるんですよ。
義務教育は全部無料ぐらいにせんと経済的支援にはなら~ん!
この時代にそんな財源確保はまず無理だろうけど、せめて子連れの
外出にみんなが優しくするとか、お金のかからない身近なことで
変わっていけばいいのになぁ。
すずを抱っこして自転車に乗って岳を保育園に迎えに行くと、
すれ違うおばちゃん達は
「あんな小さい子を自転車に乗せてねぇ、最近のお母さんは…」
という顔をする。
私だって好きで自転車に乗ってるわけじゃないんだぁ!
もっと近くの保育園に入れてもらえなかったんじゃ~!!

私が歳をとっても子育て現役時代の気持ちを忘れんようにしよう。

すずがそろそろ目を覚ましそうな気配。
岳はまだお昼寝中。
二人が揃って寝てるという天国タイムは短いのだ。
でもすずのブサイク可愛い笑顔に(親だから言える)癒されます。
岳も「ママが嬉しいなら歯磨きする」と泣かせることを言います。
頑張るのだ~!