@Osaka Endosky Journal

焼いて粉にして屁で飛ばせ

2017年1月6日 大阪府大会 対難波戦

2017年1月6日 大阪府大会 対難波戦


 とにかく、今書いときたい。カイザーズジュニア中学生はケイタの学年で10年かかっての勝利。しかも、競技経験年数の浅いメンバーが半分で勝ったことは本当にスゴイこと。
 岳の学年は小Aの時に一度だけ勝ってるけれども、中学チームに勝つのはとても高いハードルだった。去年のカイザーズジュニアは西日本大会で二位ととても高い位置にいたけれども、3年生が突出して強かったのが理由。今年は本当に一からのチームつくりだったシーズン。


 夏の大会では難波に全く歯の立たない状態で惨敗。岳はそこから、まずは走れるカラダ作りに、ビジターでの経験値を高めることを意識してやった。僕もチームにとって必要とされるプレーは何かということを色んな角度から伝えてみた。


今日の難波戦。


 1ピリはカイザーズが脚を使ってプレスを掛けて、チャンスを多く作る。これは今までにない展開。しかしながら、決定的チャンスを続けて外してしまう。エースのケイタのハンドリングが落ち着かない。そうこうしている間に、ゴール前の混戦から押し込まれてリードを奪われる。0-1で終了。


 2ピリも脚を使ってニュートラルゾーンを押し込もうと気持ちの強いプレーを見せる。今までと違うチームの意思を感じる。それでも、さらにミドルシュートから1点を難波に入れられ、2点を追う展開。脚が落ちてきた難波は反則を犯して、パワープレイ。それでも、押し込めないカイザーズだったけれども、ピリオド終了直前に相手のベンチワークのミスをついて、リバウンドをケイタが押し込み1点を返す。1-2で終了。


 3ピリのインターバルに「脚を出そう。フォアチェック、バックチェック行こう」の声が子どもたちから出てる。まだまだ、大丈夫と感じる。3ピリがはじまると、比較的脚の落ちてないフォワードがアタッキングゾーンのコーナーでフォアチェック。ゴール裏を通したパスを受け取った岳がゴール前に飛び出し、角度のないところか反対側のネットにパックを突き刺す。同点。俄然、勢いに乗るカイザーズだけど、難波のフォワードがDFの間を無理やりこじ開けようと走りこむ。集中力をもってDFがカットし続ける。DFの柱、ダイの我慢の時間帯。直後にカウンターでアタッキングゾーンのコーナーで競り勝ったケイタが岳に強いフィードパス。岳がバックハンドで芸術的な合わせを決めて逆転。


 まじか。3ピリの残り7分半で逆転。


 ここから、難波の怒涛の攻めがくるが、前掛かりになるところを冷静にDF陣がカット。カイザーズ、もう一点欲しい。岳がニュートラルゾーンで受け取ったパックをキープしながら、コーナーに入る。DFを誘ってる。チェンジオブスピードでカラダを当てさせ、DFと潰れながら、走りこんだジョシュアにパス。ジョシュアがノーマークでGKを巻いてバックハンドで冷静に押し込む。2-4。


 焦りのでた難波がラッシュとチェックを繰り返すものの、カイザーズDFはいなすようなプレー。イラついた難波FWが反則をしてパワープレーに。さらに、反則を呼び、5-2のパワーになるものの、さらに冷静に時間つぶしをしたカイザーズの勝利。


 いやあ、もう、満点。強いチームの勝ち方じゃないか。


 自分の子どもながら岳を褒めてやりたい。半年かけてちゃんと結果にしたよ。2ゴール、2アシスト。厳しい時間帯でのゴールは、成長の証。


 ケイタに勝ちを付けたいと思う気持ちが結実したことが本当にうれしい。全員で攻めて、全員で守る。冷静なDF陣のカットと献身的なチェックが本当に効いた。


 いいチームだと本当に思った今日のゲーム。ずっと、おっかけてきたチームの成長を目の前で見れるなんて、幸せなホッケー父さんだと思った次第。チームでホッケーするってことを、ちゃんとできるってなかなかないんだよね。素晴らしい。