@Osaka Endosky Journal

焼いて粉にして屁で飛ばせ

カイザーズ中学生 アイスホッケー日曜 練習試合 観戦ログ 6/20:

カイザーズ中学生 アイスホッケー日曜 練習試合 観戦ログ 6/20:

対 滋賀ジュニア @関大アイスアリーナ
 新チームになってからの2試合目。まだ、得点がないチームなので、完封負けは避けたい。どうやって点を取るかが岳、ケイタの課題になると思う。

 新チームになってから、ずっと基礎練習で本人たちもウンザリしてると思うところ、どのくらい出来るようになってるかを確認するにはちょうどいいタイミングでの練習試合。滋賀ジュニアのメンバーから見て、カイザーズにとっては、なんとか喰らいついてどこまでできるかを見るのにはベストチームだと思う。


f:id:gadowsky:20160620095141j:image

 カイザーズのセットは3、滋賀は2。カイザーズの3つ目のセットのセンターにケイタと岳が交代で入る組み合わせ。
 1ピリは滋賀ジュニアがまだスケートに乗れてないため、もたつきがある。フルの3セットで回すカイザーズとは実力差があるので、どうしても攻め込まれる場面が多くなるなか、それぞれの選手が、シュートエリアの外に出して打たす動きが見える。確実に基礎連の効果がでてる。本人たちはそう思わないだろうけど。
 成長ポイントは3つ目のセットのリクト、リョウタの追い込みが足りない分、ケイタと岳の負担が大きくなってるスタートから。ベンチからの指示が出てるなか、ピリオドの終わりにはぐっと、二人が前線でプレスを掛けれるようになってくる。この、修正できることが大きな収穫。ピリオドを0-0で終わる。
 2ピリになると、滋賀ジュニアのスケートがぐっと良くなり、カイザーズの守りが振り切られる場面が増える。ただ、ユウサクがGKである限り大きく崩れることはない。外から打たせれば大丈夫。ただ、だんだんと脚が止まってきてる。ピリオドの途中で真ん中からすっかり振られてゴールを取られる。今の実力なら想定される崩され方。0-2で終わる。
 3ピリは、滋賀もカイザーズも脚がとまりつつあるなかで、決定的なシュートを決めさせないようなDFをする展開。ただ、チカラの差がある分確実に点を入れられる。完封されるかと思いつつも、ジョシュアの難しい肩口ゴールで1点を返す。良いゴール。1-4でゲーム終了。


f:id:gadowsky:20160620095151j:image

 ケイタと岳は、パスの受け手、出し手とも、お互いがまだ探り合いをしてる。ケイタのサトリ能力が高いので、岳に合わせてポジションを取るのだけれども、岳はもっとケイタに求められたいような感じ。本当のところで、お互いの気持ちがピタッとくるところを探す練習が必要になると思う。そして、岳はここ一番のレシーブ、シュートでミスが出る。まあ、そこまでできるようになってるとも言えるけど。FWとしてはチームの信頼がもらえる、フィニッシュができないとダメかなあ。反対に、確実にブルーを割るという役目はきっちりとできるようになってるのは評価したい。
 今回もベンチにいる選手がフルで出場。アイスタイムもほぼ平均。かつ、この結果は評価したい。基礎連の効果が確実に出てる。チームとしては、ここからストロングポイントを作って、点を取れるカタチを探さなくてはならないけれども、それぞれの成長を見ながら探すことになりそう。いや、いいチームだと思いました。久しぶりに中学チーム見た直樹コーチが、「びっくりするくらい上手くなってるじゃないですか」って、そうだと思います。


 帰りの車の反省会。本人からフィジカルだよって。岳も気づいてる。スケートスピードとミドルシュート。どれだけ、フィジカルをあげられるかしか、自分のストロングポイントでの勝負ができないこと。あとは、ケイタとどうやってキモチを合わせるか。お互い、今までチームの絆創膏のような役割だったからこそ、二人の姿勢がチームを引っ張るという役割を受け入れらるかと思う。


 チームのコミュニケーションはすごくいいと思う。DFもダイのブレの無いプレーと、ユウサクの固いGKがあるので安心して見られる。守りの選手同士のフォローもいい。あとは、点をどうやって取るか。彼らのなかで探さなくてはならんなあ。

 

 いい練習試合でした。個人的には2つ目のウィング、リョウはいいプレーしてた。もう少しで一つ上のプレーができるところに来てる。ここが我慢ポイントでもあるよと、ボクは言ってやりたいなあ。いまのモヤっとした気持ちが、突き抜ける直前なんでよなあって。

f:id:gadowsky:20160620095145j:image