@Osaka Endosky Journal

焼いて粉にして屁で飛ばせ

オバマ広島スピーチ

アメリカの会社で働いているものなので、今回のオバマ大統領訪問は、彼らからの反応はとても微妙な雰囲気がわかる。仕事だからこそ、政治的なスタンスを話すわけではないが、わざわざ行って謝らなくてもと思うのは、アメリカで生まれて育った人間ならそう思うものだと思う。そりゃそうだ。ぼくも、あえてその話はしない。
ただ、僕自身はあの場所に現役大統領が献花をすることの意義が一番大きいと思って見ていた。
WEBのライブ映像で見たスピーチ。オバマ大統領のたたずまい、表情、声から強い意志が伝わる。ことばでの謝罪はしていない。だが、伝わるものは伝わる。まさに、指導者に求められるのはこういうことなんだと思う。
被爆者との会話のあと、原爆ドームを川を挟んで観たあとに車をわざわざ元安橋を経由して帰国の途につく演出は、広島市民に向けたメッセージと思う。
大統領は核のない未来を語った。
歴史を動かす日になったと思う。