@Osaka Endosky Journal

焼いて粉にして屁で飛ばせ

カイザーズ中学生 アイスホッケー練習ホッケーログ 4/10:


 日曜での新チーム練習は今日が最初。なんと、中2に経験者の入部体験者あり。うまくチームにフィットしてくれればいいけれども、十分技術的には問題ないレベルなので溶け込めるかどうか、あと3回なんとかうまくいって欲しい。


 練習内容は木曜と同様に基礎連の繰り返し。特にハンドリングとシュートは本当に基礎の基礎から。経験浅の中学プレーヤーは、どうしてもこの練習がなかなかできなかっただけに大事なドリル。特に左右で同じ動作ができないことが多く、しばらくはぎこちないながらもやってみることが大事。僕も通った道。


 全体のスピードが落ちたので、各選手の技術的に伸びている部分が見えやすくなっている。特にユウト。パックを扱うセンスは生まれつきのものがあると思う。パスの出だしも良くなってる。今年はかなりいけると思う。迷わず打て。


 岳、ダイ、ケイタのいいところはチームを円滑に運営できるような、雰囲気やプレーの選択ができるところだけれども、もうひとつ、今年は上に引っ張っていかなくちゃならないのが課題。悪くないけど、物足りないって思うのは欲張りだろうか。


 基礎連の間だけでも、大学生を入れてスケート、パス、レシーブ、シュートでのベンチマークを作って欲しいんだけれども、総会に掛けていいかなあ?御崎監督も思うところあっての、選択だとは思うんだけれども、経験組にも刺激をやって欲しい。


 あとは、ナオヤ。とにかく、ナオヤの復帰をダイも岳も楽しみにしてるんだよね
 岳のスティックを考えないといかん。身長も伸びてる。さすがに、すこしいいものを選択してやらなきゃかという感じ。自分で防具をいじれるようになりつつあるので、いい機会かもしれん。