読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

@Osaka Endosky Journal

焼いて粉にして屁で飛ばせ

ランドセルラック完成

長年の懸案だったランドセルラックを完成させる。

f:id:gadowsky:20151111135008j:image

ポイントはこれ一つで、通学準備が完結できるようにすること。できるだけ小さくして、移動できることとした。

f:id:gadowsky:20151111134945j:image

棚の幅は、小学生が使うお道具箱の横幅。帰ってきたら、とにかくカバンの中身を全部出して、カラにしたものを置くことを習慣つけるようにと考えた。これは、妻が必ず自分のカバンをカラにして形付けるのを見てきたから。

彼女のやり方を、無理なくできるようにカタチにするのが、棚の役目。

f:id:gadowsky:20151111134934j:image

棚の後ろに磁石をつけて、開けた状態のランドセルがぶらぶらしないようにした。基本はカバンを開けた状態で置いておくようにしてみた。これならば、通学直前に確認ができる。

 

奥行きはは20cmの板だけれども、棚を斜めにつけてファイルボックスを置くので実際は25cm強だと思う。なので、サイドの板は910x250x13がいいのではないかと。岳のはサイズ違いでつくったけど、250で作った。板厚は最低でも13は欲しい。

 

棚の高さと、角度が使い勝手を決めるので、調整が必要。何度もやり直して、ようやく今の場所に決める。教科書とノートの取り出しで、アタマをぶつけないことが大事かと。

 

とりあえず、防備として。