@Osaka Endosky Journal

焼いて粉にして屁で飛ばせ

初めてのおつかいのようなもんですかね

 ガクに初めて関大アリーナまで電車とバスを乗り継いで行かせてみました。新大阪から摂津富田、そこからバスの行程。
 今までは親のクルマで乗って行くのが当たり前だったけれども、自分で行くようになれば、自分で練習に来たという自覚が生まれる。
 で、初めて自分で言ったわけだったのに人身事故で電車が遅れ、バス停がわからずウロウロして、あっちこっちで聞いてたどり着くという始末にて練習に遅刻。まあ、それでも、自分で来たわけなので、黙って聞いておりました。
 なにより、自分の脚でリンクに向かうこと。電車で行けないならば、チームメイトに声かけて同乗させてもらうなど、プレーするために必要なことがあるという自覚を持てれば、練習してる意味も感じるようになるかと思います。

 中学にカテゴリーが上がったわけですが、当たり前に練習に行くのではなく、こなす練習、やらされる練習から、自分の意思で参加する練習へとシフトしていければと思うところです。

 技術、体力はもちろんだけども、ガク自身が自分に「この練習どうしてやるのか?」という問いかけができるようになれば自ずと踏み出せるようになるかと思っております。その結果、ホッケー辞めるということもあるかもしれませんが、それも受け入れてやることも覚悟しなくてはならないですね。今のところは大丈夫そうですが。