読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

@Osaka Endosky Journal

焼いて粉にして屁で飛ばせ

風越カップ もう親孝行はとっくに済んでる。オマケの孝行分だよ。

 子どもが産まれ、その子がホッケーするかどうなんてわかりやしないんです。ましては、その競技を好きになってやるなんてギャンブルのようなもの。競技である限り、上達しないと出場のチャンスもなく、ましてや、カラダのサイズがモノを言うわけで、それだって神のみぞ知ること。

 だから、ぼくにとっては、もう、充分親孝行してもらったと思っています。言うことないです。よくがんばった。そして、ありがとう。

 中学からは、同じ競技をする人間同士で付き合いたいと思います。やらされる練習で上手くなるほど甘くないことは、今回一番感じたはず。どうやって、競技に向かい合うかは僕も自分の姿勢をもって伝えたいと思います。

 そして、風越で一緒にチームを組めた、カイザースのみんな、全国に散ってしのぎを削って集まったみんなにありがとうを言いたいと心から思います。本当にありがとう。

 帰ってから「大阪選抜の練習なくなるんかあ、むっちゃ寂しいわあ。このチーム楽しかったわあ。」って言っとりました。本当にいい経験できたと思います。関係者すべての方に御礼申し上げます。

 さあ、小学生最後の大会、西日本でまた会いましょう。

f:id:gadowsky:20150331164201j:plain

f:id:gadowsky:20150331164223j:plain