@Osaka Endosky Journal

焼いて粉にして屁で飛ばせ

水曜練習になっての感想

 10月だけ、カイザースは水曜練習。

 集まりはマアマアでの練習。中学セットと小学セットでフォワードラインで3-0なんぞするけど、小学セットは絶望的にパスが回せない。イメージがないんだよねえ。これは、しょうがない。時間をかけていくしかない。パックを持つと、3メイクくらいしないとパスできないところ、少しずつ修正できるように声掛けかなあ。

 岳は中学セットに、ズレて入るとパスをもらえるタイミングは取れてる。後ろからくるパックの、足もとのレシーブは課題。パスを出すのは意識はあるけれども、強くて正確なパスも今月の課題。ただ、中学セットに入ってもとりあえずのフィットができることは間違いない。体力ばてしないための、毎夜のジョグが効いてる。

 後半のマッチを見てると、アタッキングゾーンでのチェックをかなり意識してるのがわかる。中学キャプテン、リュウヤ君にカラダを取りに行き交わされつつも、パックを足に当て残すなんかのプレーが数会あった。チェックの入り方を修正すれば確実に効果が出そう。これは収穫。

 練習中に、意識して取り組むプレーが見られはじめてる。岳自身も上達してるという手応えがあるはず。今季は小手先のプレーに走らずに、強く、早い、プレーの上にハンドリングを載せれるように声掛けが必要になってきた。いい方向。

 ミドルレンジから、ダイレクトもしくはワンメイクでGKに当てるシュートを武器にできるようにしてやりたいところ。ひとつ武器があれば確実にチームに貢献できる。今のカラダのサイズを上手く使って取得させてやりたいところ。