読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

@Osaka Endosky Journal

焼いて粉にして屁で飛ばせ

身近なものへの愛着

 もし妻が、子どもたちがこの瞬間に死んでしまったらと思うと、自分の持つ愛着の強さを感じることができる。

 一瞬にして、多くの人びとの愛着を奪ってしまうその瞬間は、現実として3年前にあった。

 

 すべての人の生きる喜びに、一歩だけでも寄り添えるそんな気持ちで今日を過ごしたいと思います。