@Osaka Endosky Journal

焼いて粉にして屁で飛ばせ

永田農法を思い出したぞ

新しい万能細胞作製に成功 iPS細胞より簡易 理研

 

 理化学研究所などが、まったく新しい「万能細胞」の作製に成功した。マウスの体の細胞を、弱酸性の液体で刺激するだけで、どんな細胞にもなれる万能細胞に変化する。いったん役割が定まった体の細胞が、この程度の刺激で万能細胞に変わることはありえないとされていた。生命科学の常識を覆す画期的な成果だ。29日、英科学誌ネイチャー電子版のトップ記事として掲載された。

 

 理研発生・再生科学総合研究センター(神戸市)の小保方晴子(おぼかたはるこ)ユニットリーダー(30)らは、新たな万能細胞をSTAP(スタップ)細胞と名付けた。STAPとは「刺激惹起(じゃっき)性多能性獲得(Stimulus―Triggered Acquisition of Pluripotency)」の略称だ。

 

 

 おお、オモシロイと思ったぞ。正解が目の前にあったのに、誰も気づかなかったってことじゃないかと。永田農法でも同じく、一定のストレスをかけて再生することでより成長するってポイントは万能な考え方なのかもしれないなあと。

 

 本当にそうだと思うが、ストレスの掛け方が実にセンシティブでムツカシイんだと思う。やり過ぎるところが人間のサガなんだろう。