読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

@Osaka Endosky Journal

焼いて粉にして屁で飛ばせ

オジョーサンが今年二度目の入院。

 朝の3時過ぎに電話。アメリカからかと思ったら、病院の救急から。救急車で搬送されたのですぐに来てくれてとのこと。電話だけ握りしめて車を走らす。

 寝ているオジョーサンを見て、カルテのある病院なので診察が行われており、簡易でありながらも「イリウスですね。ただ、CTもう少しよく見てみたいです」とのこと。

 

 部屋が開いておらず、そのまま個室に入り同意書やら、入院説明やらがあったが、途中からいつも聞いてますよねとのことで、簡易説明で。

 

 意識が戻って説明を聞く。典型的なイリウス。今回は、寝ているときに来てしまい、どうにも動けないので救急を呼んだとのこと。正しい判断。

 

 血液検査もしているので、再発含めて慎重に対応したほうがいいと思うけれども、先月は広島で入院したところなので、やはり、なんらかの生活改善が必要なのかもしれない。さて、よそ連れて病室に行こうか。