@Osaka Endosky Journal

焼いて粉にして屁で飛ばせ

父さんは来んでイイ。

 先週の井上同期会。単身赴任中のクロが言うには、帰ってきたときの娘の気の使いように、うれしいような、悲しいようなと。遊びに行こうとか、一緒にお風呂入ろうとか、まあ、それはそれでうれしいけど、気を使わせてるという感じがたまらないらしい。

 

 一方、毎晩一緒にごはんを食べる我が家では、3歳次女、そよの保育園のお迎えで、父さんを見つけるなり、号泣。「母さんが来るって言った。お父さん帰って。お迎え来たあかん。」

 柱の陰に隠れて出てこず。次々とおむかえにくる母さん、父さんに、子どもたちみんなとびついて抱っこしてる中、うちのそよはすげえ顔で睨んでる。手を出すとレゴやらおじゃみやら投げられた。

 

 家で虐待されてるんじゃねえかって思われんじゃないか。どうなってんだよほんと。

 

 結局、無理やり連れて帰った。しょうがないとは思いつつ、真剣に凹んだ昨晩。今朝も保育園には母さんと行くと拒否。しょうがないねえ。

 

 追記:長女すず曰く、「それはヒドすぎ。お父さんかわいそう。」すずがいるから、まあ、イーブンにしとく。