@Osaka Endosky Journal

焼いて粉にして屁で飛ばせ

手短に、大ハプニングの3連休、そしてまだつづく。。。

FBに上げましたが、いまだ続く連鎖。

 

 昨日、早朝に海水浴へと向かった一家、道中の車でだるいを連発するすず姉さんでしたが、長めの休憩をはさみ、若干の遅れで到着。念願の水島海水浴場へ。

 無人島の島に船でわたり、父さんはシェルターセット、浮き輪のセット、クーラーボックスのセットでようやく海へ。それまで約30分。そよにフロートを渡し、5分ほどひっぱったところですずが大泣き。慌てて引き返すと、母の忠告を聞かず、はだしで岩場に足を突っ込み切った。見た目から、縫う必要ありと判断。速攻で撤収。

 すずおぶって船でわたり、宿の女将に病院を聞く。敦賀市内の外科に飛び込む。午後の診察まで待って、診察。レントゲン。骨大丈夫。傷口に砂がある。先生がここでは無理なので、敦賀市立病院の救急に行くように指示。速攻で向う。救急で順番待ちのあいだに、緊急がはいったりでしばらく待つ。ようやくの順番でトッコが一緒に入り、残り家族は外で待つ。

 すずが大泣きしてる。麻酔打ってる模様。その後は静かになったものの、先生の声とともにゴツッと音する。すずがこけたものと思ったら、病室に呼ばれ、トッコが貧血で倒れてしまったこと。そのまま点滴室で少し寝ることに。トッコは10分ほどで復活。すずの薬と明日の消毒の予約してとりあえず、宿に戻ることに。

 車の中で岳に明日の予定をさとしつつ話しているその瞬間。ソヨが嘔吐。車中大騒動。家族は何も食べていないので出るものないけど飲み過ぎのカルピスが飛び散る。

 すったもんだしてようやく宿に戻る。とりあえずご飯の時間に間に合うが、そよは気分悪いを連発。ご飯も横で寝転がり、途中吐きそうとトイレにも立つ。そよのぶんは岳が食べ、すずは麻酔がきれて痛みがあるのか涙でごはん。それでもそよも母さんのごはんを口にして元気が戻り、すずも痛み止めの薬が効いたようで笑顔が戻る。父さんは緊急に備えビールなし。

 と、すったもんだして迎えた翌朝です。今のところ敦賀の病院めぐりの旅であります。

 

 で、終わらないのが今回の連休。翌日は午前中はすずは浜で見学。父さん母さんが横について、なんとか海水浴は成立。午後に昨日言った救急に好意で再診してもらう。時間がかかったけれども、紹介状をもらい。帰宅。親はヘトヘトなので、洗濯機に着替えをツッコミ、結局父さんはビールをそこで開けてしまう。2本。

 母さんが、完全にバテて寝てしまう。子どもたちのごはんをミニストップに買いに行ったものの、そよはいらんと泣き母さんの横でオッパイ。すずは買ってきたスパゲティを食べ過ぎてキモチワルイを連発。母さんに父さんは注意されるというおまけ付き。とはいえ、みんな、泥のように寝るはずだったのに… そよ、発熱。39度近くまで上がる。母さん結局寝れずに付き合う。月曜日は、とりあえず、元気なそよだけれども、熱が落ちないので、家で様子をみる。唯一元気のある岳が、海でできなかった花火をしたいと言うが、この状況なのでガマンさせる。目を真っ赤にしてガマンしてた。そよの熱がまた上がる。すずの足を蹴ってはいけないので、ぼくがリビングで寝る。

 そよの熱は一晩続く。結局、火曜の朝(今朝)熱が下がり、病院に。そよは母さんが病院に。飛び火から発熱ではないかと思うとの診断だけど、様子見。すずは父さんが病院に。外科で消毒と経過観察。お年寄りの熱中症で混む。それから自転車に乗せて小学校に連れて行く。あー時間がない。

 順子母さんにそよを一時預けお願いすると、ミオンがまだ入院中で午後2時半までならということ。それでも、選択肢がないのでお願いする。いま、必死のパッチで仕事中。というか、印刷待ちでこれを書いてます。まだまだ続く。

 2時半にお願いしてたけど、怒涛の発送、倉庫までの渋滞で返ってきたのは3時半。そよが事務所でお姉ちゃんに見てもらっている。もうちょっと、ゴメンなさい。