@Osaka Endosky Journal

焼いて粉にして屁で飛ばせ

淀川区長さんの論文読みました

 新区長さんは近所のソラビルで働いてる榊 正文さんです。現豊中市在住ということです。

 

 さて、ざっと論文読んでみると、学童保育をどう捉えているかを確認しないと、コメントしようがないです。ただ、橋下市長が区長に権限を出すという方向ならば、ヒザをつめて話す余裕はあるのではと思います。

 ちょうど、年代的には同じ位の方ですが、杉並の和田中学校のようなイメージで学校への関わりを持ちたいのではと思われます。出身もリクルートですから近いのではないでしょうか。

 幼稚園の役員をされていたことを書かれております。淀川区の場合、両親が働くことが前提の場合は保育園ですので、このあたりの温度差はどうでるのかは発言からしかわからないですね。論文では両親が働くことが前提という政策を打ち出していますので、どうでしょう。

 さらに、淀川区は学校選択制が迫っています。学校モデルに補習校をつくるとなると、一悶着おきるでしょう。杉並は結局選択制を撤回することになったわけですし。

 

 8月が始動となりますので、学童としてはさっそく接触すべきでしょうね。とにもかくにも、何らか動かないと運営は非常に厳しいわけですので、突破口を見つけないと。