@Osaka Endosky Journal

焼いて粉にして屁で飛ばせ

岳が引き受けているらしい

 学童から電話。集団下校していない。2年生と岳が話し合いらしい。なにか、やらかしたか?で、急遽お迎えに。出てきた岳はなんてことない顔。

 岳とすずと歩いてもどる道中に聞くと、

「話せば長いから」

 短くして、簡単に理解できるように話せと言うと。

 

 「同級生が作った、ムチャなルールのボール投げに、2年生の子がわからずに反発。ルールを作った本人はとっとと帰ってしまったので、納得のいかない2年生に誤解を解くのに付き合った」

 って、ことはお前なにもしてないの?

 「オレ、なにもしてない」

 「怒ってるから、話して気持ちを落ち着かせただけ」

 

 5,6年生のいない学童なので、4年ながらその役を一身に引き受けている模様。ちょいと、考えてやらないと、いかんと思った父さん。

 

 大人も子どもも組み合わせってのはなかなかムツカシイもんです。