@Osaka Endosky Journal

焼いて粉にして屁で飛ばせ

ガクの順応ぶりにおどろく

 結局、岳は晩御飯をたべたあとに、学童を見に行くと言い張る。すずはパジャマの上にコートを着せて、車で会議に参加してる母さんのいる学童保育へ。


 すでに、他の保育所からお母さんときてる女の子がいるのだけども、いきなりふたりで塗り絵をしだす。会議に参加してる、学童の先生に臆せず、ドラゴンボールの塗り絵がしたいと言いに行く。


 会議のあと、先生に、ぼくのロッカーこの辺がいいとか、けん玉させてとか、もう、普通にしゃべり始めてる。



 この順応ぶりが恐ろしい。



 新しいところに慣れるだろうかとかを心配することもなく、来年の就学を迎えそうです。



 大作がだぶってみえるぞ。