@Osaka Endosky Journal

焼いて粉にして屁で飛ばせ

だれがゴールを決めてるんだろう

 柔道の石井君、とりあえず卒業を考えると会見したみたいですね。普通に20才そこそこで金メダルをとれば、次のオリンピックとか、テレビにでてコメントしたりとか、そんなながれなんでしょうが、彼は違った。


 柔道(今は格闘家ですね)の吉田君、大学の同級生なんですが、卒業後、就職したのは新日鉄。ぜんぜん強くない社会人チーム。彼も学生でメダリストになったけど、次の進路を決めかねてた。


 <人生ゲームのゴールに描かれる人物>ここで、糸井氏の言いたいことよくわかる。僕たちの小学生のころ、テレビでみた世界とは兼高かおるであり、ジャイアンツは負けないと思ってた。そんな時代と、実際おとなになった今では、世界観がまったく違ってる。



 吉田君が学食でぼそっと言ったのよく覚えてる。柔道では誰も、山下先生以上にはなれないって。そして、石井選手が言った、斎藤先生のプレッシャーに比べれば、ヘノカッパ発言で思い出した。もう、おなじ枠では入るとこないって感覚。


 もう、上は詰まってるって感じ。



 石井選手。きっと、世界を見て思うことあったと思う。



 世代交代は、真正面から突破でなく、気がついたときには変わっているって感じではないでしょうか。


 石井君をみながらそんな気がしました。





 イチローだって、石井君だって、松坂だって、今のスポーツ選手は練習大好き。昔のスポーツ選手が、二日酔いで試合にでたり、徹夜でマージャンして大会にでたりしたことを自慢気にはなすとは対極。


 カーツとか言ってる世代からは、確実に進化してると思う。

 

 英語の苦手な岩村選手がメジャーでチームリーダーになるようにね。