@Osaka Endosky Journal

焼いて粉にして屁で飛ばせ

ポニョとパンダ子パンダ

 すずちゃんも、岳もポニョまた見る予感がします。岳にいたっては登場人物の名前を確実に言えて、すずは鼻歌してます。



 あの映画は、うちでも何度も見てるパンダ子パンダを思わせるものがあります。とくに水没した後の町を船で渡るシーン。



 ジブリ作品には、水をわたるシーンがよくあります。千と千尋の水の上を走る電車や、よろずの神が乗ってくる船。ナウシカの地下にある水路、なんとなく同じモチーフのような気がします。


 宮崎駿が子どもの視線をよく見てると思うのはそんなモチーフに、岳やすずが確実に反応してること。トンネル、船、水、飛行機、おばけ、川、赤ちゃん、どんぐり、雲…。


 今回もまた、ちびどもはもう一回見るというんでしょう。何度も何度も読み返す絵本のようなところが彼の作品にあるように思います。



 ジブリでも、高畑監督のじゃリン子チエも大好きで岳はいっつも見てる。鉄はあかんなあといいつつ、どこか好きなおっちゃんでもあるとこが岳らしい。大作に重ねてるとこ若干あり。



 火垂の墓はぼくが見れないので見せてません。あの映画はいまだに最後まで見れません。高畑監督と宮崎監督の同じ柱を持ちつつ、仲たがいをするのはこの映画にあるような気もします。