@Osaka Endosky Journal

焼いて粉にして屁で飛ばせ

神戸の事故の雑感

 神戸での水難事故、学童の子と聞いて胸が痛みます。


 護岸、河についての施策にはちょっと思うとこあります。まだ、河川があまり整備されてないころ、河の水って普段からかなりあったんですが、上流にダムができると普段の水量がほとんどなくなるんですよ。


 山梨の身延でも、あの富士川の水が普段ほとんどない。むかしは、渡船がでて渡してた僻地が、今なら晴れてたら歩いていけるくらい。


 今の子どもにとって河ってそんなイメージかとおもうんです。



 昨日の雨では、ものすごい鉄砲水だったはず。親水公園にしてたからそれはもう想像つかなかったと思います。


 そんなことと思うでしょうが、他人事ではないと思いました。



 寄るな、触るなでは、解決できる問題ではないと思うことがたくさんあると思います。料理に必要な包丁、事件にも使われるのも包丁、治療に使われる薬、大量に使えば致死にいたる。親の責任を感じます。