@Osaka Endosky Journal

焼いて粉にして屁で飛ばせ

二岡で思う広島野球事情

 ぼくの世代は広島は野球少年だらけだったわけです。一つ上に金本、高津がいて、同学年に引退したけど、横浜、野村がいた。もう少し年が下になると、新井、二岡、福原もいる。彼らがみんな県立工業高校か、広陵高校。とくに少年野球大会は広陵グランドを使ったから、みんななじみがあるはず。


 当時は、カープの2軍が広陵グランドで練習することもあったくらい。試合の合間に斎藤選手のフリーバッティングで、びっくりするくらい飛ぶのをみてワクワクしてたよ。


 そして、みんな山本コージ、衣笠幸雄のファンで、津田恒美の剛速球に胸をおどらす子どもだったことは間違いない。


 直接野球をした選手はいないけど、野村とはテニスで3回試合した。それはぼくの勝ち。カラダは野村が勝ちだったけど。おそろしく早いスマッシュをするやつだった。


 当時、評価された選手は実はプロになってなくて、控えだった選手が今も現役をしてる。金本もそうだし、高津もそう。県工の投手はサイドスローってのが昔からイメージだなあ。



 話はもどって、二岡は本当はカープの指名だったはず。、結局、ジャイアンツに行くんだけれども、現状こんなことになるとはぼくもびっくり。なにがあるかわからん。




 ぼくが、高校のときは広島商業が夏に優勝してる。そのときの控えメンバーに中学の野球部の友達がいる。テレビでマウンドに伝言に走るナベ、ノックのうしろでボールを監督に渡す控え捕手の玉井くん。ふたりが甲子園にいることが、誇らしいのと、悔しいのと半々かなあ。あのメンバーでプロに行った選手はいないんじゃないだろうか?広商らしいと思う。ナベは本当にいいやつ。Mr.高校球児だった。


 今も、暑くなるなると広陵グランドが蜃気楼で揺らめいてるなかを走らせられてる1年生の列を思い出す。あの中に、金本、二岡、福原がいたんだと思うわけです。


 夏だ。そして、タイガースにカープはサヨナラ負け。残念。