@Osaka Endosky Journal

焼いて粉にして屁で飛ばせ

DNAの記憶はあるのだろうか

 われらが大作くんは、ぼくが見ても意地悪じいさんそのものになりつつある。しぐさやしゃべりが、おやじそっくりなんであーる。まさにDNAのなせる業なのか。


 自分は、もしかするとヨシダのDNAかもしれんわけで、じゃああの極道じいさんかというとそうでもなさそう。周囲からは、ヤスヨばあさんではないかと言われる。


 それも、イマイチピンとこず、ならば、エンドウの誰も知らないじいさんではないかと思ったり。戦争から復員したときに、現地で知り合った看護婦を連れて帰ってきた猛者だそうげな。意地悪じいさんも知らんのだから、だれもわからん。




 父親は山梨、母親は佐賀なので、かなり遠いDNAではある。岳とすずもかなり遠いDNAの組み合わせになってる。不思議な感じがするねえ。