@Osaka Endosky Journal

焼いて粉にして屁で飛ばせ

かなった願い

 ぼんちゃんに刺激されて、思ったんですが、死んだ父が自分たちが小さいときから言っていたことが、英語はしゃべられるようになれでした。


 紆余曲折ありますが、兄弟で英語で話すこともできるようになりました。父の願いはひとつは達成できたのかもしれんです。



 ぼくの今の願いは、こどもたちが、もしぼくや妻がいなくなってしまっても自分自身で生きていけるように育てってほしいです。なので、子どもたちに教えることもそんなことばかりのようです。



 仕事ではまだまだ願いにするような段階ではないです。必死に取り組むのみです。