@Osaka Endosky Journal

焼いて粉にして屁で飛ばせ

オーバーシュート

 日本でのマーケットの傾向を説明しているときに、自分では気にしていなかったけど、オーバーシュートという言葉を多用していたらしい。


 ぼくのなかでは、日本である傾向はここにあると思う。アメリカのマーケットを自分がみたら、多様性って思うんだけど、テレビや、マーケット、サービスなんかみていても、あてはまるように思える。



 ニュースをみると、6カ国協議の内容をさかんに伝える日本のテレビだけど、アメリカのネットワークテレビみててもいろいろあるソースのひとつって感じの伝え方だったし、どうみても、日本が思うほどアメリカは日本のことなんぞ考えてないぞって思うわけです。温度差は行けばわかるかと。



 アメリカの中部を中心に動いたわけですが、農村部、都市部、ダウンタウン、アップタウン、土地やその人のバックグラウンドでまったく違う感覚があるわけです。それをひとくくりでアメリカ人とはいえないわけで、そういう多様性をつたえるメディアがあってもいいのではと思った今日の午前中です。


 過ぎたるは及ばらずにごとしって思うことあります。