@Osaka Endosky Journal

焼いて粉にして屁で飛ばせ

帰ってきました

長い長いアメリカでした。

いろいろあって、また恐ろしいほど車運転しました。


今回のアメリカでおもったことは


1.インフレ 食べもんがえらく高くなってるぞ。給与も上がってる。

2.新車が多く感じたぞ

3.スバルが人気だった

4.健康保険問題や年金問題は日米共通の問題

5.一部のアメリカ人が巨額の金をもうけているという感覚が社会にある

6.デニーズでスパニッシュが多かった。

7.ダラスのフリーウェイはわかりにくい。

8.田舎はいつもかわらん。

9.アメリカにはまだまだあたらしい産業を出すちからがあるぞ。


日本のマーケットはまだまだ発展途上国のマーケットに近い感覚がしました。消費するという点において、アメリカの消費者の多様性に感心するのと、少々あきれるというのと、それもふくめて国の力を感じたわけです。


もちろん、中国なしに米国の経済がないたたないということを本当に感じた1週間でした。


大亀さん 今度はぼくが台湾にいけるようにがんばってみます。