@Osaka Endosky Journal

焼いて粉にして屁で飛ばせ

一時しのぎの限界

 ちょっとだけビジネスモード。だんだん、一時しのぎの商品への注目が減りつつある。特にダイエット。どうやってダイエットするかにあるんだけれども、短期でとりあえずというものが、なんでも売れる方向ではない。


 市場はなんらか、違う方向を目差し始めているように思う。



 アメリカは完全にインフレ傾向で、製造原価が上がっている。その上に円安傾向の日本市場はかならずインパクトが出てくる。不二家の問題もしかりだけれども、すべての商品が安全なんてありえなくなるはず。価格と品質が一致する方向に。マスコミのバッシングをよそ目に、吼えるのは結構、そのうち安くて安全なものなんて買えなくなるんだからと思っている層が確実にあると思う。


 日本独特の市場の嗜好は、自らの首を絞めることになるかもと思ったり。


 ちょっと思ったことを書き留めました。