@Osaka Endosky Journal

焼いて粉にして屁で飛ばせ

ぼくはやってないの気持ちだったわけで

 この10日間はそんな感じでした。過去3年分の関税のインスペクションがやってきたわけで、資料と、帳簿、過去の輸入実績、インボイス、発注の書類などを揃えていざインスペクション。そう彼は査察官。すごい緊張感。



 結果。



 何も出ず。帰られました。当たり前です。フツーに輸入してるんだから、なにもでてこない。逆に本社が高い単価を間違えてつけていたことを指摘してもらい、大変助かりました。


 わたし、痴漢に間違えられたら、やったって言う人間だと思います。

 そのくらい緊張しました。だめだねえ。



 子どもを持った時から、何か変っていると思ってましたが、この気持ちの持ちようなんだと思いました。まっすぐ商売をしたいと思います。