@Osaka Endosky Journal

焼いて粉にして屁で飛ばせ

命のメモ

 自分の妻はナチュラルにGTDを見につけた人。僕は生まれてからいままで、彼女のように優れた人にあったことがない。彼女は、毎日自分が作るGTDメモを「命のメモ」と名づけて冷蔵庫に張ってる。会社でももちろん作っている。


 何がすごいかって、的確に必要なことを書き出す力。これが本当に的確。感動するくらい。これって生まれ持ってある才能だと思うんです。


 大体彼女はスケジュール帳を持たない。頭の中にカレンダーがある。3ヶ月先くらいまでは日にちと曜日がわかる。スケジュールも頭のなか。数年前の電話番号までもほとんど記憶。その記憶力が怖いとみんなに言われつづけたスーパーウーマン。保育園のお友達を数時間ですべて記憶するんだからすばらしい。



 会社に復帰して、すでに事業部の事務は完全に把握した模様。社内でわからないことがあると、お偉いさんから、新人さんまで、携帯電話で相談。家にいるのに事務所のなかがすべてわかるような指示。


 

 そう、会社でのあだ名が「社長」なのは当然なのです。


 

 ぼくにはそんな才能が無かとです。

 生理整頓が出来んとです。

 5分前のことを忘れるとです。

 自分の書いたメモが読めんとです。

 頭の中にいろんなアイデアが出てきて、

 もうわけわからんとです。

 

 タツシです。タツシです。