@Osaka Endosky Journal

焼いて粉にして屁で飛ばせ

ハムしよう!

 岳はドラえもんのあたらしい歌をなぜか「ハムしよう!」と歌うんですが、別にファイターズファンではありません。オトーサンは生粋のカープファンですが、わたくし遠藤家はファイターズ、いえ、東映フライヤーズという球団の話を聞かされながら大きくなった家でもあります。



 駒沢球場を本拠地とする球団、東映フライヤーズ。ここに、名将濃人渉監督率いる、日鉄フタセという社会人野球から入団した選手が、僕のおじ吉田勝豊。現在は岳にリホねえのジージと呼ばれる人。


 僕の母は、上京した際に東映フライヤーズの独身寮に遊びに行ったらしい。毒島さん、土橋さん、山本八郎さん、それは可愛がってもらったそうだ。母からは当時の野球を聞かされる。そう、僕と弟は野球を母から聞かされそだったわけです。


 僕が立派に野球少年になっていたころ、おじさんはロッテのヘッドコーチでした。鹿児島のキャンプで、バスの中でリーレオンの横に座って握手したの忘れられません。いまでも当時のサインボールは実家に飾ってる。そう、その年ロッテは中日を破って日本シリーズに勝つんです。



 ファイターズがこのまま優勝すると、当時の東映の優勝以来の出来事だそうです。ジージになっているおじさんと当時の話をすることが、最近のぼくの楽しみでもあるんですが、ファイターズの話をすると自然に東映の話になってしまう。


 叔父から聞く当時のプロ野球、トレードの裏側、榎本喜八という天才打者の話、王、長島の打球の速さ、巨人、川上という存在、柴田の守備、鶴岡監督、濃人監督、後輩古葉と同部屋時代、武雄高校での柳川商業、権藤との投げあい、ロッテ金田監督との出会い、西鉄仰木との競艇、南海杉浦のフォークボール、本当は江夏は東映がとりたかったこと、ここに書けない、わくわくする話ばかり。いつかまとめて書いてみたいことがたくさん。そう、戦後のプロ野球の大事な場面に必ず叔父さんはいたんです。


 こんど生まれ変わっても野球選手になるそうです。そんな人が散歩をしながら、公園で素振りをする小学生を見ながら目を細めるんです。だれも、この人がジャイアンツの4番を打っていたなんて知らない。自分の孫さえも。もちろん岳も。今は、ぼくと弟だけのヒーロー。


 さて、仕事に戻ろう。