@Osaka Endosky Journal

焼いて粉にして屁で飛ばせ

オゾンのチカラなんだと

 日曜日、家族でお出かけは近所にある柴島浄水場に行く。ここには浄水の展示と小さいながら藤棚でのピクニックテーブルがある。ちょっと遊ぶにはちょうどいい。


 僕が大阪に来た12年前、大阪の水本当に不味かった。東京も不味いけれども、大阪もたいがいやなあと思ってた。が、数年後、急激に不味くなくなる。新聞で浄水場のシステムが変ったことを知る。それがオゾンで浄水。


 これを昨日の展示で見るとすごい力があることを知る。オゾンはO3だったはず。これ自体は人間に良いものではないはずだけれども、浄化するには効果的だということはわかる。いわゆる酸化させてやっつけるという方向。


 サンヨーの洗濯機が頭にめぐる。なるほど。



 とにもかくにも、すごい技術なんだと、オトーサンだけが納得したわけです。


 岳は走り回りたいだけで、まるで犬のよう。犬と同じくドッグランで離しておけば満足のようです。すずちゃん、すずしいところで寝てました。まだ、お出かけはむつかしい年頃です。