@Osaka Endosky Journal

焼いて粉にして屁で飛ばせ

はじめてのバカ

 第一反抗期といいましょうか、赤ちゃん返りといいましょうか、岳の反乱はひどいもので。笑顔だけで過ごす日など一日もない闘争の日々ですが、昨日はじめてぼくに「オトーサンのバカー」を言いました。自らの遺伝子を持つ子どもから、初めてのバカをおおせつかり、成長したんだと感じたわけです。

  忘れないようにとおもいまして。