@Osaka Endosky Journal

焼いて粉にして屁で飛ばせ

仲間を信じて打つんだー

15年近く競技としてアイスホッケーをして、2年は今スタンレーカップ決勝でがんばるオイラーズのホーム、エドモントンで地元アマチュアトップリーグの練習に参加してみて、開眼したこと。



迷わずシュートを打つべし。枠に入れるべし。こぼれダマを拾うべし。



ゴールの枠に入れば、リバウンドが出る確率が高い。自分が決めなくてもいい。拾ってくれる仲間を信じてシュート打つ。


こぼれダマを押し込む。それが一番美しいゴールと僕は信じてます。

仲間を信じて打ち込んでください。ゴール前で、判断に迷うようなレベルの相手とは戦っていないはず。ゴールにボールを入れるというシンプルさを楽しんで欲しいと思います。


ぼくは、日本代表すごくいいレベルと思います。今年の野球WBCのときのように、必ず這い上がってくると思います。次戦クロアチアの選手は戦時をくぐってきています。日本代表も、1戦目の酷評を背負って、ベストを尽くすでしょう。川口がもうひとつ大きくなって出てくるはずです。


楽しみです。



こんなときこそ、大黒、玉田、巻、きっとこの3人が評価される場面がくると思います。

強い意志を持ってボールを追いかける3人の勇姿がみたいと切に願います。