@Osaka Endosky Journal

焼いて粉にして屁で飛ばせ

ゴーログでさらにはずかしい/はずかしいね。いまさら

 お昼前に楽天チェックすると、見慣れぬトラックバックが。

あれ、もしや木村剛氏ではと、氏のページに行くとリンクまであり、恥ずかしい限り。今朝のコメントに続きさらに恥ずかしい。ココ→http://kimuratakeshi.cocolog-nifty.com/blog/


 格闘技好きで思わずトラックバックしたのだが、氏が後日前田明氏を語るところで、完全に気持ちが傾く。そうか、実際いろいろあるUWFの内情を知りながらも、それでも先駆者であることへの賞賛ができ、尊敬の念を今も持ち続けられる人間であるとわかり、信頼できるぞ、と思ってしまった。力道山、A猪木、そして前田明があり、今のK1、プライドがある。常に先人に尊敬を払える人間に、改革を進めて欲しいと切に願う。


 確かに氏の年金改革に対するスタンスが前田明とするならば、発言の趣旨が理にかなう。木村氏が倒れても、それを継ぐタイガーマスク佐山氏が現れ、紆余曲折を経て、意外な人物、石井館長が多くの人間の指示を得て一気に改革をする。それまでに、木村氏の手法は夢みたいなことみたいな言い方をされたりもするが、最終的には時代に評価されるような立場になるのではと。もちろん、最後まで戦って欲しい。倒れるなゴー!


 先日のブログで上記のようなことを、幕末に例えて発言されていたが、UWFでの前田明の立場になれるのは氏しかいないようにも思う。バックアップしたい。


 また、大阪で僕をUWFの試合に連れ出してくれたO氏にも感謝。ライブのよさを知ったのは彼のおかげ。

 

  • - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - --

 O氏から直接コメントもらい、いまさらながら恥ずかしい。最近は誰に向けて書いてるものでもなく、この日記は自分に書いてるようなもの。身近にいる人間からコメントもらうのはちょっと恥ずかしいものがある。


 変な大阪弁まで褒められてもうた。切腹!


 パワータブのかず数えでやっぱり、あわず。これは、アメリカと仕事をする人間には避けられないこと。これを予定にいれながら、上手くまわす方法を確立しなくてはならん。しかし、困った困った、島倉千代子。切腹!


 新商品のパンフのため、写真撮影のやりなおし。ラベルが光るタイプのものになったため、とても難しくなる。上手くいかず明日への課題に。


 なんやかんやと課題が増える。アメリカとの協力が必要なものばかり。同じものを販売するのに、アメリカではクレームがなく、日本ではクレームになることが沢山ある。


 いったい、スタンダードってあるのか?世界のなかで日本が特別なのか?それとも、アメリカが特別なのか?


 なんて考える前に、行動しよう。動きながら考える。考えながら動く。そうしよう。


 岳はマイ毛布なしには寝れない模様。DNAは完全に引き継がれたらしい。


《参院選きょう公示 少数激戦に》

《アイスホッケー日本リーグアジアリーグに発展的集約へ》

高岡早紀さん・保坂尚輝さんが離婚》

《「厚労省しっかりしないと迷惑」 年金改革で竹中経財相》