@Osaka Endosky Journal

焼いて粉にして屁で飛ばせ

プロ野球を楽しみたいなら彼を追いかけろ!

 厚生省はまだ動かず。待ち続けるのは体によくない。なんらかのアクションがあれば対応ができるのだが、動かないのがいちばん気をもむ。とりあえず。


 新商品の発売準備にともない、考えられる問い合わせや、必要な事項を埋めていく。いつも、かならずなんらか、あたらしい発見があるのだが、今回もまたあるのだろう。


 久しぶりに心から敬愛するわが広島カープの要チェック選手のサイトにアクセス。ご存知の通り、貧乏球団カープは無名の選手を育てながら、チームを作るためファンは2軍の選手の動向が気になる。つい最近まではあの赤ゴジラが4番を打っていたくらいだから。(来年FAで巨人に買われるのかな?と思うと寂しい気もするが)


 その中でも 甲斐雅仁(まさひと)http://www.kai-m.com/ は要チェック。高卒で2年目ながら、ジュニアオールスターに選ばれる逸材。


 彼を知ったのはカープのテレビの特番でスカウトの1年を追ったもの。彼の出身高校は宮崎の無名高校。彼の実績もそこそこ。でも、彼の身体能力、精神的な強さをスカウトは高く評価し、両親をくどいて入団。ちなみにこのスカウトは前田、緒方のスカウトでもある。彼の兄はアメリカに留学、おとうさんもとても硬い職業だったと記憶しているが、特に両親はプロでやることには不安が多かったことと思う。


 今はWEBがあるので、彼の成績を追っかけられるが、なによりすごいのは、彼自身がホームページでコメントにすべてレスポンスを入れること。毎日確実にしていること。これこそ、究極の顧客対応。彼のクレバーさと、その書き込みからわかる、素直な気持ちがあれば、数年後には確実に一軍に昇格することが予想される。そのとき、今時点で応援している人が口コミとなり、大きなうねりをつくることになると予想できる。野球で結果を出すのはもちろんだが、こんな形で彼を評価する人たちも沢山いる。プロとして必要なものをすでに持っていると感じる。個人的には衣笠のような選手になって欲しい。


 彼のような選手が活躍してくれることが、長年のカープファンとして幸せこのうえないこと。野球を愛するものとして、彼の活躍を心より期待する。


キトラ古墳の壁画部分に初めてカビ 朱雀、白虎など》

《「悲しみの海を彷徨」、曽我ひとみさんが長文手記発表》

《徳山と京和が元王者に和解嘆願書を送付》