@Osaka Endosky Journal

焼いて粉にして屁で飛ばせ

自転車から見える風景

 大阪市内を自転車で走ると、街の変遷が良くわかる。最近大きくかわりつつあるのは道頓堀周辺。火事の後に大型施設が入り、周囲のラーメン屋、たこ焼きやも微妙に入れ替わりがある。ひっかけ橋の下の工事も進んでいて、そのうち下に降りられるかもしれない。


 でも、興味があるのは商店街や船場周辺、幹線道路沿いの小さな商店や問屋。明らかに、廃業している店が多い。商店街も100円ショップが幅を利かせているような状態。船場周辺も活気がないというか、新しさがない。


 それにくらべ、堀江周辺は新陳代謝が進み、活気があるというよりも、客層が若い。それだけでも、違いがある。家具の街はいまやカフェの街に。


 大阪は東京に比べ街が小さい。自転車でキタからミナミの間を行き来できる。もっと、自転車利用をすすめれば、本町付近でも小売の店が流行るのにと思ったりする。


 昨日の中田英利のような格好をした、美容専門学校生が折りたたみ自転車で通学していた。ビミョーな取り合わせだけども、これもアリかなとおもったり。中田のファッションはどうも理解できん。


 岳がオイシーと言えるようになる。今日も岳は5時半起床、6時に脱糞。いい心がけ。


《サッカー日本代表が7―0で大勝 W杯予選インド戦、首位守る》

出生率、政府想定下回る1.29》

《自民、女子プロレスラーの神取さん擁立へ 参院選比例区》

《》