@Osaka Endosky Journal

焼いて粉にして屁で飛ばせ

どうやってメーカーと付き合うか

 ただ今アメリカと利用しているメーカーについて、協議中です。アメリカではOKでも日本ではNGなことが多い。


 消費者の嗜好や、気になるポイントが違うのでメーカーの対応についてはとても敏感になります。


 常にユーザーの立場で商品が提供できるようになるには、現場との信頼関係が絶対条件。なので、この件については絶対譲れないというところを設定して進めています。とりあえず今日は以上です。