@Osaka Endosky Journal

焼いて粉にして屁で飛ばせ

コミュニケーション

上手く言えないのですが、コミュニケーションの難しさを最近とくに考えています。相手によって使い分ける必要があるのですが、ぼくの個性でしょうか、どうも控えめになりがちで結局は不足気味な感があると思います。仕事の出来るということはある種コミュニケーション能力の差ではないかと思います。

僕のお客さんに思いついたら即電話してくる方がいらっしゃいますが、ある種このような形ですぐにすることが、結局は成果をあげるのではないかと思ったりもします。
(経験上かなり確信に近いものがあるのですが)

振返って社会人1年生のころ電話が苦手で、すごく苦労したころに比べればなんてことはないのですが、コミュニケーションの質という点ではまだまだです。

カヤノ氏が言う、手書きのFAX、ハガキを使うというのも確かにコミュニケーションの質ですよね。慣れてはいけないこともありますね。